診療案内|所沢、新所沢駅近くの歯医者 アイデンタルクリニック

診療案内

診療 MENU INDEX

インプラント

インプラント(歯科用)とは、抜けてしまった天然歯の代用として使用する人工歯根のことを指します。
その素材は純チタン製等が多く使われており骨としっかり結合し、人体(生体組織)にも良く適合するのが特徴です。最近では、歯科だけではなく医科などの分野でも幅広く使用されている素材です。
このインプラントを抜けてしまった歯の部分の骨に外科手術により埋め込み、骨としっかり結合してから頭の部分(歯に当たるところ)を装着する治療法が一般的です。

この治療法は、従来の入れ歯やブリッジなどと比較しても多くの利点があり、今まで歯を複数失ってしまった人などは入れ歯をするしかありませんでしたが、「以前の天然歯のように何でも噛める」等、食べる楽しさを取り戻した方も大勢います。

近年,インプラントという言葉を耳にすることが多いと思います。医科領域ではインプラントとは人工物の移植という意味に使われますが歯科では人工歯根の意味で使われます。

歯を失った場合,その前後に歯があればブリッジによる治療も可能ですが,前後に歯が無い場合,またあっても削りたくない場合には通常,義歯(入歯)によって治療することになります。

しかし,義歯はオーダーメイドではありますが,やはり審美的問題(銀色の針金)や違和感を訴え,嫌がる人が少なくありません。

そこで前述のインプラントによる治療がおこなわれます。

最近,このインプラントによる治療をおこなう先生もずいぶん増えてきました。以前はただ人工的に歯を入れるというものでしたが近年は審美的にも他の歯と比べても遜色なく満足できるものになりました。

多くの先生は,インプラント治療は口腔外科の先生がおこなうべき物との認識があります。確かに外科的に処置をおこなうわけですから,それは間違いではありません。

しかし,ただインプラントを埋めて歯を入れるだけならいざしらず,審美的要素も含めて治療をするのならば,「インプラントは歯周病の先生がおこなうべきである。」というのは歯周病を学んだ先生の常識になっています。

もちろん噛むということだけなら問題ありませんが,審美的要素も検討される場合は

『歯周病やはぎしり・くいしばり』

を理解している先生による治療をお勧めいたします。この考えはインプラントの先進国であるアメリカでは常識となっています。
インプラント治療の成功率は治療時はもちろん,治療後のメインテナスによって大きく左右されます。メインテナスは,歯周病の先生の専門分野のひとつですから,継続的にお手入れが必要になるインプラント治療には最適といえます。

インプラント治療の費用は,健康保険が適用にならないために,一般の治療と比較して高額になっています。
また成功率も100%ではありませんから,これが原因で先生と患者さんとの間でトラブルになっている話も耳にします。材料が高額というものありますし,施術する先生の技術料が高額であるというのもあると思います。

またインプラントを導入するために購入する機材がかなり高額であるというのも大きな理由のひとつです。

医院紹介
  • アイデンタルクリニック/ I Dental Clinic
  • 〒359-1111
    埼玉県所沢市緑町1-17-7 ドエル青木1F
  • 【駐車場】
    2台分有り(徒歩40秒)
  • 【電話番号】04-2929-8347
  • 【最寄駅】
    西武新宿線新所沢駅・西口徒歩4分
  • お問い合わせはこちら
安全対策
リクルート
お支払い
  • 当院では現金でのお支払いのほか、「クレジットカード決済」、「デンタルローン」をご利用いただけます。
  • ※保険診療でもクレジットカードの使用が可能です
  • 当院のデンタルローンご利用方法はこちら
水平位診療およびミラーテクニックについて