診療案内|所沢、新所沢駅近くの歯医者 アイデンタルクリニック

診療案内

診療 MENU INDEX

小児歯科

早期発見 早期治療

kodomo-chara1

乳歯は、永久歯よりも歯の質がやわらかいので、大変虫歯になりやすいのです。 また、虫歯の進行も 大人より早いので、3ヶ月から6ヶ月おきに検査をして早期発見・早期治療することが大切です。  『痛みがないから虫歯ではない』というのは、間違いです。虫歯で痛みが出てしまった場合は、ほとんどが神経の治療が必要となってしまうので、痛みが出るまえに治療しておいたほうが良いでしょう。  とくに、小さい子供は、歯医者に行くののがいやで、痛くても我慢している場合が多いので定期健診で早期発見してあげなければなりません。

 

乳歯から永久歯への生え変わり

乳歯は生え代わりの時期が来るとグラグラしてきて、通常は自然に抜けてしまいます。しかし、何らかの理由でうまく抜けなかった場合には、強制的に抜く必要があります。顎の骨の中で育っている永久歯の生えようとする方向が悪い場合には、乳歯の根が長く残ることが多く自然には抜けません。また乳歯の根が顎の骨に張り付いている場合もあります。そういう場合も時期を見て乳歯を抜いてあげる必要があります。そのままにしておくと永久歯の歯並びが悪くなったり、かみ合わせが悪くなります。
また、乳歯の虫歯がひどい(ひどかった)場合には、根が腐って乳歯の下にある永久歯まで影響が出ている恐れがある場合もあります。
乳歯が抜けた直後や抜けそうな状態になっている場合は、ご来院頂く事をお勧めします。

バイトウィング(レントゲン)

乳幼児や学童などのお子様は、初診の際に必ずレントゲン写真を撮らせて頂いております。小さなお子様には、学校などの目視検査では発見されない様な、虫歯や病気、異常などが見つかる事があります。特に 歯と歯の間の虫歯 過剰歯 先天性欠損 などは レントゲン撮影しないと わからない場合が ほとんどです。
当クリニックでは、バイトウィングという方法でデンタルレントゲン撮影をする事で、歯の間の虫歯がないかや、歯根の病気、歯の周辺の状態などを細部まで鮮明に撮影できますので、パノラマレントゲン(お口全体のレントゲン)や通常の検査だけでは発見することができなかった問題を早い段階で発見することができます。
海外では 何十年も前から バイトウイングという方法で レントゲン撮影をし 歯と歯の間の虫歯を早期発見するのは 当たり前となっているのですが 日本では未だに その重要性が認知されていません。
大人の方でも、歯の間の虫歯が多いときには、検査の再に撮影させていただく場合があります。
見た目では、なんともないように見える歯でも、レントゲンをとってはじめて見つかる虫歯も少なくないので、検査の際のレントゲンは、早期発見に欠かすことはできません。

大きく歯が崩壊していたり、痛みを感じる場合は、神経まで感染している可能性が高くなります。神経の処置 治療が必要になる前に、修復を行うことで 歯の寿命を 長くすることができるでしょう。

見た目では 虫歯がない場合でも

CIMG2074-thumb CIMG2075-thumb

 

レントゲンでは 虫歯を確認することがあります

cimg2076-thumb cimg2077-thumb

フッ化物歯面塗布法(フッ素塗布)

フッ素が多く含まれる食品には、にんじん、いわし、味噌、海草、貝、えび、じゃがいもなどがあります。フッ素を歯に作用させると、歯の表面からフッ素が取り込まれ歯の結晶(アパタイト)の一部になります。これによりムシ歯菌の出す酸に対してより強くなり、ムシ歯予防の効果が上がるわけです。ただ、フッ素は定期的に塗布することで、その効果が上がりますが、絶対にムシ歯にならないというわけではありません。普段の食生活や生活習慣がムシ歯予防には大切で、基本になります。
そして、このフッ素を虫歯予防に利用したフッ化物の局所的応用法の一つが、フッ化物歯面塗布法です。フッ化物歯面塗布法には、①綿球塗布法、②トレー法、③歯ブラシ法、④イオン導入法があります。
当クリニックでは、基本的にはトレー法を実施していますが、トレーを噛んでいられない小さなお子様には④歯ブラシ法をお勧めしています。
また、使用するフッ素には、ミント・ストロベリー・オレンジなど数種類のフレーバーを用意しています。

kodomo-chara2

フッ素塗布の際には次の注意が必要です。
1.フッ素を塗布するまえに、歯を歯ブラシなどで充分に清掃すること。
必要がある時は、歯石を除去し、研磨剤などを使用し歯垢を取り除くこと。
2.塗布する歯についている唾液をとり、乾燥させる
3.塗布後は、30分間は口をゆすがないで、唾液を吐かせる程度にする。
4.塗布後は、30分間は飲食をさける。

以上のことが守られて、初めてフッ素の効果半年~1年持続します。

 

よく、お母さんがだっこをしたままで、口腔内の清掃状態を確認もせずにフッ素塗布が行われていることがあるようです、この状態でのフッ素塗布の効果はあまり期待できません。

image-tore

 

また当クリニックでは、幼稚園・保育園や学校、ご家庭などで出来る『フッ化物洗口法(フッ素洗口)』を同時に実施することをお勧めしています。1日1回食後または就寝前に約30秒間フッ素の液を含んで口をゆすぎます。毎日続けることで大きな効果を得られます。

image-fusso02

フッ素洗口は、4歳頃からはじめ12歳頃(中学校卒業)まで続けることが重要です。(4歳未満でも口をうまくゆすぐこと〈ブクブクペッ!〉ができれば問題ありませんが、絶対に誤飲しないように注意が必要です。)12歳をすぎても続けることは大変有効です。とくに齲蝕多発傾向のかたには大人でもご使用をお勧めします。

フッ素洗口剤は、ドラッグストア・薬局・インターネットなどでの販売はできません。家庭でフッ素洗口をおこなうには、歯科医院で説明を受けたうえで、調剤薬局や歯科医院で購入する必要があります。
詳細はお気軽にお尋ね下さい。

医院紹介
  • アイデンタルクリニック/ I Dental Clinic
  • 〒359-1111
    埼玉県所沢市緑町1-17-7 ドエル青木1F
  • 【駐車場】
    2台分有り(徒歩40秒)
  • 【電話番号】04-2929-8347
  • 【最寄駅】
    西武新宿線新所沢駅・西口徒歩4分
  • お問い合わせはこちら
安全対策
リクルート
お支払い
  • 当院では現金でのお支払いのほか、「クレジットカード決済」、「デンタルローン」をご利用いただけます。
  • ※保険診療でもクレジットカードの使用が可能です
  • 当院のデンタルローンご利用方法はこちら
水平位診療およびミラーテクニックについて