診療案内|所沢、新所沢駅近くの歯医者 アイデンタルクリニック

診療案内

診療 MENU INDEX

診療案内

当クリニックでは、一般歯科、小児歯科、口腔外科、審美歯科、ホワイトニングなどの歯科治療を行なっております。

治療方針として、どの患者さんにもまず検査をさせていただき患者様の口腔内の状態(病気の原因、過去の治療の状態、など)をご説明差し上げます。

また、正確な精度の高い治療を行うためには 正確な診断が必要となります。そのためにレントゲン撮影が必要となってくるのですが、現在では デジタルレントゲンが主流ではありますが、状況などによりアナログレントゲン(フィルムタイプ)のものも、使用する場合があります。

特に 小児歯科や嘔吐反射の強い場合には デジタルレントゲンのセンサーの厚みが 嘔吐反射を引き起こす原因となるので フイルムを使わせていただく場合があります。

そして、正確な治療に為に サージカルルーペを 使用せせていただいています。
肉眼での治療は 虫歯を 取り残す可能性があり 大変危険ですので、当医院では ルーペを使用しています。(最近のTVドラマなどで外科医が使用しているをよく見かけます。)

ご希望があれば 実際に使用している サージカルルーペをかけていただき

見える世界が全く違うことを体験していただくことも可能ですので

『ルーペをかけさせてください』

と行っていただければと思います。

また、予防歯科についてもインフォームド・コンセントや指導をさせていただき、患者様ごとの歯と口の健康を考えた、最適な治療計画を立て、お互いが納得して治療を進めていきます。

こちらからの一方通行に ならないように 進めていきますが、

うまく歯ブラシができない

ブラシをどのように当てたらいいかわからない

歯間ブラシのサイズがわからない 今使っているのでいいのか心配

どんな歯磨き粉がいいのか知りたい

など たくさん質問をして頂ければと思います。

一般治療・予防歯科

虫歯や歯周病は、一度かかると自然には治りません。最良の治療を受け、治した部分をきちんと管理(メンテナンス)し、残った歯を守ることが大切です。
当クリニックでは、あなたの歯と口の健康を考えた、あなたにふさわしい治療計画を立て、お互いが 納得して治療を進めるシステムを採用しています。
歯や口の病気は、予防と定期的な検診による  管理によって、防ぐことができます。

 

口腔外科治療(抜歯・再植などの外科的治療)

当クリニックでは 歯、口、あごの骨とその周囲組織に生ずるさまざまな疾患に対応しています。たとえば、

親知らずなどの抜歯 あごの骨折 細菌やウイルスの感染症
舌や歯肉のガン 顎関節症 口内炎

など、たくさんあります。

歯や口の悩み、何かおかしいなと思ったら、何でもお気軽にご相談ください。

特に 抜歯に関しては もしも 歯科医院で

抜歯しか方法がない  残しても予後が悪い  入れ歯しか方法がない
ブリッジよりインプラントがいい 義歯は絶対に良くない

などの 説明だけで

なぜ抜歯しか方法がないのか? なぜ抜いたほうがいいのか?
ほんとうに インプラントしか方法がないのか?

よく説明をうけてください 歯科医師に聞いてください。

当クリニックでは セカンドオピニオンを積極的に受け入れています。

『抜歯しか方法がない』という場合は、その日に抜かずに後日の診療にしてもらったほうがいいかもしれません。

特に 急性症状が強い場合や 感染を起こしている場合は 薬(抗生物質など)を飲むことで炎症を抑えて、後日に抜歯をしたほうが、抜歯後の痛みや腫れが少ないでしょう。

最近では 残すことが可能な歯を インプラント治療にもっていきたいがために抜歯をしてしまうなどの治療行為が少なくありません。

当医院でも インプラントは行っています。 さし歯 ブリッジ 義歯 入れ歯 インプラント などどの治療においても 利点 欠点 はありますのでよく相談をしていただき治療方針を決めていかなければいけないでしょう。

歯根がまっぷたつに割れてしまっていても、 割れた歯を一度抜歯して 特殊な接着剤で接着し再度 抜いた穴に戻すことも、状態によっては(割れたからあまり日にちの経過していない歯であれば)可能です。(成功率が100%ではないですが・・・。)

奥歯は歯根が数本にわかれている場合があるので 悪い歯根だけ 分割して抜歯することによって
残りの歯根を残すことも可能です。

また 奥歯の数本の歯根を わざと分割して 別々の1本の歯のように修復することも可能です。
(ヘミセクションといいます)

しかしながら、どのケースにしても、抜歯をしなければならないほどの状態に近いことは間違いないとは思いますが、 歯を残すにしても 抜歯をするにしても 緊急性が高いはずです。

早急に 治療の方向性を決めて 治療を行わなければなりませんので セカンドオピニオンを受けるにあたっては急がれたほうがいいでしょう。

顎関節症

顎関節症とは、

顎関節(あごの間接)や咀嚼筋(ものを噛むとときに使う筋肉)の痛み

関節音(あごをあけたりしめたりするとカクカクとかジャリジャリなどのように間接で発する音)がする。

開口障害(あごが開きにくい、自分の手の指が縦に3本以上入らない)

顎運動異常(あごがうまく開け閉めできない)

などの症状が慢性的につづいてしまうものです。

これには 咀嚼筋障害、関節包・靱帯障害、関節円盤障害、変形性関節症などが含まれています。

 

顎関節症は 突発性難聴 耳鳴り めまい 視力の低下 肩こり 腰痛 手足のシビレ 偏頭痛 などの全身症状が出る場合があるので 早期の治療 が重要です。

治療の基本は、間接を安静にし、過度な負荷をかけないことですが それだけではなかなか改善しません。

何が原因で、この病気が発症してしまったのか 真の原因を除去することが必要です。

ほとんどの場合、精神的因子(ストレス)または局所的因子(かみあわせ)による 歯ぎしり くいしばり など(総称してブラキシズムといいます) が原因ですが、このほかに 外傷 歯科治療 歯科矯正 などが原因の場合もあります。

治療方法は、症状の重さや関節の状態によって 変わります。

基本的には、歯ぎしり くいしばり などの悪い癖(悪習癖)の改善と かみ合わせの改善(咬合調整)です。このほかに、薬を使って炎症をおさえて、痛みをなくしたりする場合もあります。

また、歯周病がある場合は、歯が揺れている可能性が高いので 並行して歯周病の治療が必要です。

かぶせたものやつめたものの噛みあわせが 悪い場合は、かぶせたものの交換や調整が必要です。

小児歯科治療

小さなお子様が歯の治療をするのは、母子ともに大変なものです。状況を敏感に感じ取り、不安になってしまうお子様もいらっしゃいます。また、お子様連れでご来院のお母様も安心してお子様を任せて頂けるよう、スタッフの小児教育をしています。

当クリニックでは、お母様にとって安心で気持ちよく、お子様にとって安全で落ち着いた環境をつくるように心がけています。

 

審美歯科・ホワイトニング

審美歯科は見た目の美しさを作るだけではありません。正しい歯並びやかみ合わせは、歯の機能を正常化させます。つまり、審美歯科は、美しく、かつ、健康な歯にする治療方法です。

また、口元にコンプレックスをがあると、人前でなかなか自然な笑顔を作れません。 美しい口元は若さと自信を与え、気持ちを前向きにさせます。

治療の流れ、費用、期間など詳しくは、個々に説明があります。お気軽にご相談ください。

レーザー治療

当クリニックでは、患者様に優しいレーザー治療を取り入れております。

レーザー治療は、歯や歯周病をの原因となる細菌を殺菌する事や、外科用のメスとしてその大きな効果を発揮します。通常のメスでの切開では、出血が多く縫合しなければなりませんでしたが、レーザー治療は切開と同時に止血、殺菌もしますので傷が通常よりも早期に治ります。

レーザー治療は、従来の治療方法に比べ痛みが少なく回復が早く、口内炎や知覚過敏の症状にも効果あるといった特徴が挙げられ、無麻酔、もしくは麻酔の使用量が少なくて済むのも大きなメリットです。

レーザー光は、特定の物質にしか反応しない特徴があります。健康な歯には何も影響せず、虫歯菌に冒された歯のみを除去する事ができるなど、「健全で健康な部分」を傷つける事なく安全に治療する事ができるのです。口腔内及び人体に対する安全性は十分立証されており、妊娠中の方や心臓病でぺ―スメ-カを使用している方も安心して治療を受けて頂けます。

 

また、定期的に歯周ポケットにレーザーを照射することで、歯槽膿漏・歯周病・歯周炎の進行をとめることができます。3ヶ月に1度のペースでレーザー治療を受けられることをお勧めします。
治療中の照射も、非常に有効なのでご希望のかたは 受付にてご相談ください。

プラセンタ療法

プラセンタとは胎盤のことです。プラセンタには生命を誕生させる為に必要な、栄養素(アミノ酸、コラーゲン、ヒアルロン酸、グロースファクター etc.)が豊富に含まれています。このエキスを注射すると、全身の細胞が活性化され、細胞レベルからの若返り(アンチエイジング)が期待できます。

もともとプラセンタは肝炎など、病気の治療に使われていましたが、プラセンタ治療を受けた患者さんの中に、「肌がきれいになった」「シミが薄くなった」「生理痛が楽になった」「疲れがたまらなくなった」という声が多く認められ、美容目的で使われるようになりました。

プラセンタ療法には長い歴史があり、古くは漢方薬として使用されていました。
近代ではソビエトの科学者フイラトフ教授が、組織療法に胎盤を応用したことに始まります。
日本でも約50年前から胎盤を埋没する方法で数々の難病を治療してきました。
1959年埋没にかわる胎盤エキスの注射薬が製造され、肝臓病一般の薬として発売されました。

当クリニックではプラセンタ注射は筋肉注射のみ行っております。プラセンタ注射の点滴注射、静脈注射は厚生労働省から認可されておりません。(2007年10月現在)

治療期間
歯周病の状態などによって治療期間が異なります。最初の1ヶ月 週に数回、その後、2ヶ月間 週に1回 合計3ヶ月を1クールの基本治療とします。

1回5分程度で終わります。

もちろん、その間は並行して、歯石除去などの基本的な歯周病の治療は行います。

使用しているプラセンタ注射液

「メルスモン」  《メルスモン製薬(株)  1956年10月販売開始》
「ラエンネック」 《(株)日本生物製剤   1974年7月販売開始》
の2種類があります。ご希望によりどちらでもお選びいただけます。

歯科における適応症
歯槽膿漏・抜歯や手術後の治癒促進・味覚低下・口内炎・舌炎など

歯科におけるプラセンタ注射は自費となります。健康保険は適応しません。
(医科においては、慢性肝疾患における肝機能の改善及び更年期障害で保険適応になることがあります。)

補綴治療【義歯・入れ歯】について

当クリニックでは、いろいろな症例に応じたさまざまなアタッチメントを取り扱っております。
ケースにより、使用するアタッチメントが異なりますので詳細は、担当歯科医師にご相談ください。

また、
『痛くない義歯』  【ベルテックス(軟性樹脂)やコンフォート(生体シリコーン)】
義歯の裏側だけ 軟性樹脂やシリコンで覆っている義歯も取り扱っています。義歯の厚みは少し増しますが、「噛むと痛い、噛み締めると痛い」などの症状がある方には、大変オススメします。

通常の使用であれば シリコンがはがれるなどのトラブルは あまりありませんが、義歯の樹脂もシリコンも 経年変化(劣化)があります。軟性樹脂は 3年ほどでかなり劣化します 1年から2年ぐらいで 軟性樹脂の張替えを オススメします。

シリコンのはがれについては 3年間の保障をしています。
『金属の針金のない義歯』 【バルプラスト】

などもご紹介することが可能です。

義歯が痛い、よく痛くなる場合は、安定剤などでごまかさず、できる限り早く適合した義歯を作るべきでしょう。

あっている義歯に義歯安定剤を使うと 咬合力が上がり 大変かみやすくなります。

また、義歯があわなくなるのを 予防する効果もあります。義歯を長期間使用するためにも 継続的にポリグリップなどの入れ歯安定剤を使用することを お勧めします。

安定剤は部分入れ歯でも総入れ歯でも どちらでも使用することで咬合力の向上が期待できますが今まで以上に 咬合力が上がるので 義歯を壊してしまうことがあるので 少しづつ硬いものを噛む 練習をしてください。

適量の入れ歯安定剤を使用しても 咬合力(噛む力)があがらない 痛い などの場合は、義歯があっていないので 新しく義歯を作り直したほうが良いでしょう。

新しく義歯を作って ポリグリップなどの入れ歯安定剤を試してみてください。

医院紹介
  • アイデンタルクリニック/ I Dental Clinic
  • 〒359-1111
    埼玉県所沢市緑町1-17-7 ドエル青木1F
  • 【駐車場】
    2台分有り(徒歩40秒)
  • 【電話番号】04-2929-8347
  • 【最寄駅】
    西武新宿線新所沢駅・西口徒歩4分
  • お問い合わせはこちら
安全対策
リクルート
お支払い
  • 当院では現金でのお支払いのほか、「クレジットカード決済」、「デンタルローン」をご利用いただけます。
  • ※保険診療でもクレジットカードの使用が可能です
  • 当院のデンタルローンご利用方法はこちら
水平位診療およびミラーテクニックについて